『素晴らしかったスポーツ平和サミット!!』

 
みんな_7月-スポーツサミットA.jpg
 
みなさん!こんにちは!

『スポーツ平和サミット東京大会』(7/18,7/19 ホテルニューオータニ東京〔鳳凰の間〕にて。
実行委員長、半田晴久(深見東州)先生。国際スポーツ振興協会(ISPS)、世界開発協力機構(WSD)の主催)

素晴らしかったですね! 

半田(深見)先生を中心に、日本国内外から、スポーツと平和を愛する蒼々たるエキスパートの方々が
(世界16カ国から47名)一同に会し、スポーツの持つ無限の力、スポーツの価値、意義、素晴らしさ、
スポーツを通しての平和や復興や人生についてなどなど、盛りだくさんの内容が、日本(東京)から
発信されました。(ユーストリームでもライブ中継されました。)

☆☆☆

半田晴久(深見東州)先生の国歌独唱から幕が開き、最初の最初から、とても感動的でした!

☆☆☆

鳩山邦夫さん(元文部大臣・衆議院議員)は、

「半田先生は、国会議員の1万倍の実行力をお持ちの天才!です。

とご挨拶され、ユーモアにとんだ素晴らしいお話の数々がとても心に残りました。

☆☆☆

今回のスポーツサミットは、前回ロンドン大会に続く、第2回目なのだそうです。

昨年ロンドンでの第2回大会の参加者は100名ほどだったそうで、今年は、参加者が1000人ほど
にもなり場内満席!コリン・モイニハン卿さん(英国上院議員、元英国オリンピック委員会会長)は
講演の中で、「素晴らしい!」と驚いていらっしゃいました。
ユーストリームの画面からも熱気が伝わってくるようでした。
ロンドンオリンピックの総集編VTRが流れ、再び感動が甦り、熱いものがこみ上げてきました! 
コリン・モイニハン卿さん(英国上院議員、元英国オリンピック委員会会長)は、ロンドン
オリンピックを通し、ロンドン都市の貧困コミュニティーが再活性されたことについてや
全ての障害が障害ではなく可能性に・・・スポーツの価値を活用し最大限にアプローチする・・・
というお話をされ、とても印象に残りました。

☆☆☆

猪瀬東京都知事は、

「日本は戦後、世界の平和のトップリーダーとして存在を示してきた。・・・」

と、東日本大震災復興を携えて、東京オリンピック誘致のお話などと共に、大きな夢をお話くださいました。

☆☆☆
7月18日サミット開会の日は、ネルソンマンデラさんの95回目の誕生日だったそうで、アパルトヘイトの壁を
打ち破る大きな力がスポーツ(白人、黒人が協力したWチームのラグビーを通して)だったのだと、昨年、
南アフリカにご訪問された半田(深見)先生がお話くださいました。
また、サッカーを通して、ドラッグや暴力の犯罪も大きく減ったのだそうです。

☆☆☆

半田先生をモデレーターに、東日本大震災を乗り越えて、バドミントンでオリンピックを目指す、福島県富岡の
中高生たちと、様々な困難を乗り越えてきたオリンピックメダリストとの特別座談会がありました。
世界ヘビー級チャンピオン5回、オリンピック銅メダリスト、イベンダー・ホリフィールドさん(アメリカ)は、
「母が最も重要な人だった。」 とお話くださいました。8才で、チャンピオンを目指すが、負けるたびに、
ボクシングを辞めようと思ったんだそうです。

「ママに、『あきらめるんじゃない!もどりなさい!!』と言われ戻されたんだ。」

強くて勝てない選手を前に、「あの人には負けるー。」 と、12才の時、怖くて泣いたこともあったそうです。
コーチに 「まず泣くのをやめなさい!」 と言われ、そして祈り始めたのだそうです。
それ以来、イベンダーさんは、たたかう前に祈るようになったのだそうです。

「自分が信じていて、諦めなければできる!」

とイベンダーさんは、おっしゃっていました。
また、元フィギュアスケーター、米国国務省の文化広報上級顧問、オリンピックメダリスト(2個のメダル)の
ミシェル・クワンさんは、ずっとオリンピックでメダルをとることを夢見て頑張ってきて、怪我をしてしまった
ときの辛い体験などをお話くださいました。

決意と勇気と諦めない態度の大切さ。

「負ける、転ぶ、そして COME BACK! する!今は転ぶのも好き!」 

と明るい笑顔でおっしゃいました。とても素敵だな、素晴らしいなと思いました。

「世界が日本をみて、励まされているんですよ!」

と、福島県富岡の中高生たちにお伝えくださり、感動しました。

半田先生(深見先生)は、苦難を乗り越えた力、精神力は、見えない技になる・・・オリンピックでメダルを
とるような選手はみんな様々な困難を乗り越えている・・・やりたい。やりたい。と思っても、できない。
そういう困難な時にでも、オリンピックを目指す!

最終的にはメンタル。その人の持っている内なる力。みんな、泣くし、怖がる。
そういう葛藤を超えた分だけ、メダルに近づく!・・・不自由な環境は常にある・・・
と、お話くださいました。
自分を越えていく喜び、人格陶冶していく。スポーツでも芸術でも、魂、精神、肉体、勝ち負けも大事だけど、
人格を陶冶していくことの素晴らしさ・・・についても深見先生がお話くださいました。
いつも深見先生から、私たちは、常にそのことを学ばせて頂け、それはもの凄く、尊く、ありがたいことなのだなあと、
座談会を通して、改めて実感しました。

☆☆☆
『スポーツの持つ無限の力』 

サミットを通し、たくさんのことを学ばせて頂け、すごく豊かな気持ちになりましたし、勇気や、やる気が湧いてきました。
世界の平和、人類の幸せを願い、実現される深見先生と、世界平和を目指す世界中の素晴らしい方々がどんどんつながり、
その友情の輪が拡がっていることに、またまたとても感動しました!
素晴らしかったです。スポーツ平和サミット!!
o(^-^)o\(^-^)/(^o^)

ありがとうございました。
 
 
みんな_7月-スポーツサミットB.jpg
 
 
2013年07月25日